【横須賀線「武蔵小杉」駅から徒歩3分/東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅から4分】川崎で、相続・遺言・親子関係問題のご相談なら、弁護士 石坂 想へどうぞ

〜相続・遺言・親子関係の問題でお悩みの方へ〜
弁護士 石坂 想
inheritance,will,family law

弁護士 石坂 想 (こすぎ法律事務所)
神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目946 関口組小杉ビル3階

お気軽にお問合せください

044-431-1520

営業時間

  9:30〜18:30(平日) 

相続問題

遺言について

父が亡くなった後,遺品を整理していたら、封がされた遺言書のようなものがでてきました。封を開けてもよいのでしょうか。また何か手続が必要ですか。

手軽に遺言書を作成できるキットが多数発売されており、遺言書を作成される方は増えていると思われます。しかし、遺言には様々な種類があり、それによって発見後の手続も異なります。

遺言書を発見した場合の手続をお知りになりたい方はこちら

父が亡くなったのち,他の相続人から突然「遺言書がある」と言われました。でも父はずっと認知症で入院しており,遺言を書けたとは思えません。遺言は無効であると思います。

遺言作成が一般的になるにつれて、「取り敢えず遺言を書かせる」「判断能力のない本人の意思に反した遺言を(家族が)作成させてしまう」といった問題のある事案も増えてきました。このような遺言は、たいてい、それによって利益を受ける者が主導して作成されることが多く、他の関係者からすれば不信感が募るものです。

遺言書の有効性をめぐる問題についてご説明致します。

遺言の有効性をお知りになりたい方はこちら

その他のメニュー

*本サイトに記載されている事例・裁判例に関しましては、メール・電話・FAX等での個別のお問い合わせには対応しておりません。
ご質問等ある方は事前にご予約の上法律相談をご利用下さい(ただし、新聞等の記事掲載を目的とする取材活動につきましてはこの限りではありません。)。